美容外科看護師

美容外科看護師 > 美容外科看護師の退職を円滑に進めるポイント

美容外科看護師の退職を円滑に進めるポイント

退職ってきちんとした理由があっても、なかなか言い出せないものです。だからと言って、突然退職届を出して「明日辞めます!」なんて言うのは、社会人としてはちょっと常識的ではないと思います。そこで、退職を円滑に行うためのポイントをいくつかご紹介します。
どんな美容外科看護師が求められている?

まず、退職した後はあなたが担当していた仕事を、誰かが代わりに行わないといけなくなります。 そのため、きちんとした業務の引き継ぎが必要になりますし、誰が引き継ぐか?という点を話し合う時間が必要になります。 ですから、できれば余裕を持って2ヵ月前に上司に相談するようにしましょう。

退職することは決定事項だと、あなたの中で決めていたとしても、まずは相談という形で「退職したい気持ちがある」ということを伝えましょう。 ただし、直属の上司に一番最初に伝えることです。 直属の上司よりも上の上司に伝えるのは、直属の上司を無視したと思われてしまいますので、必ず最初に相談するのは直属の上司にしましょう。

あなたが先にもっと上の立場の上司に相談することで、直属の上司は現場で信頼されていない・管理能力に欠けていると思われてしまうこともあります。 また、上司よりも先に同僚に話すのもNGです。 どんなに黙っているように念を押しても、いつの間にか噂となって広まってしまうのが現実です。 噂で広まるのは、トラブルになりかねないので、退職についての相談は、必ず直属の上司に一番最初にしましょう。

ただし、直属の上司が承諾したからといって、円滑に退職できないこともあります。 そこでおすすめなのが、転職支援サービスを利用することです。 転職支援サービスの個別支援を利用すれば、コンサルタントが円滑に退職できるようサポートしてくれます。

また、退職に了解を得たとしても十分に引き継ぎができないと円滑に退職できたとは言えません。 仕事を引き継ぐ人が決定したら、仕事の状況を見ながら退職日を決めましょう。 そして、退職日までにきちんと引き継ぎを行い、仕事の状況などで指導できなかったことなどはノートにまとめておくとよいでしょう。

ノートには簡単にでもいいので、仕事の手順なども書いておくと印象がとても良くなりますよ。 退職するときは後残りの無いようにして、気持よく次の仕事をスタートさせましょう!


看護師の面接で病院の将来について聞かれたら?

何年も看護師として勤務してきた人や、管理職の面接の時によく聞かれる質問があります。 それが「病院を取り巻く社会情勢」についての質問です。 これからどのように経営していけばよいのか、どのように展開していくべきなのか質問されることがあるのです。

この質問の目的は看護師が患者さんやそのご家族のニーズに、応えることができる人なのかということを見るために質問していると思われます。 医療施設は、社会の動きに合わせて対応していかなければなりません。 どのようにすれば社会のニーズに応えることができるのかをきちんと理解をしている人は、患者さんや家族のニーズにも応えられる人だということになるでしょう。

この質問に答えられるようになるには、社会情勢について知っていなけれなりません。 そのためには、まずは日頃から最新のニュースをチェックするようにしましょう。 医療に関してのニュースは特にチェックしておいた方がいいですね。

テレビや新聞を見なくても、スマートフォンなどの携帯端末からでも、色々なニュースをチェックできますし、通勤中や休憩中などのちょっとした時間を利用して、ニュースサイトを見ることを日課にすることがおすすめです。

また、医療施設によって、どのような取り組みを行っているか違います。 理想的な回答はそれぞれで違ってきますので、施設のホームページのチェックも必ずしましょう。 ホームページには、どのような施設を目指しているのか、どのような取り組みを行っているか記載しているところもあります。

最近のニュースと結びつけながら、答えることができれば、理想的な回答になると思います。 どうしても思い浮かばない場合は、転職支援サービスのコーディネーターに相談しましょう。 いくつもの医療施設の情報を見てきているコーディネーターなら、どのように答えれば良いのかなどアドバイスしてもらえます。

他にも、難しい質問をされるかもしれませんし、どのような質問が多いのかなども教えてくれますよ。 管理職に応募しようと思っている人や、キャリアの長い人はぜひ利用してみてください。